採用情報サイト
2020

ENTRY

MASSEGE/メッセージ MASSEGE/メッセージ

  • TOP
  • メッセージ
RECRUITMENT 2020 \ PERSON
MASSEGE/メッセージ MASSEGE/メッセージ

醍醐味は「モノづくりの喜び」を実感できること

わたしたちの仕事の醍醐味は、「モノづくりの喜び」を実感できることにあります。

日本ケーブルは、ロープウェイ、リフト、ケーブルカーや立体駐車装置のプランニングから設計、生産、施工、アフターサービスに至るまで、一貫して自社で行っています。営業、技術、生産、建設の各部門が横断的に連携し、社員一人ひとりが創意と工夫をもってパフォーマンスを発揮することにより製品を完成させているのです。索道輸送設備や立体駐車装置といったダイナミックな製品をつくり上げることには大きなやりがいと達成感があり、その製品が大勢のお客さまに利用されている光景を見ると感無量の思いです。

また、製品はスキー場や観光施設、駐車場施設などを経営されているお客さまにお納めしたら終わりではなく、完成後もメンテナンスをしたり修繕をしながら長きにわたってご使用いただきます。そのご縁を大切にし、20年、30年、それ以上の期間、お客さまと一緒になって自社の製品を見守り続けていくことができるのも喜びのひとつです。

山から都市へ 
製品からリゾートづくりへ

ロープウェイやケーブルカーなどの索道輸送設備は主に山岳地で活躍していますが、最近では都市部への導入でも注目が集まっています。ワイヤロープで客車をけん引する索道輸送設備には「低コストかつクリーン」という大きなメリットがあるため、都市が抱えている慢性的な渋滞、排ガス・騒音公害や、建設・運営面でのコスト問題などを解決する新しい交通手段として、世界各国の都市で導入が進められています。日本ケーブルも積極的に開発・建設に取り組んでいます。

また、日本ケーブルは輸送設備をつくるだけではなく、グループ会社を通じて、国内外のスキー場をはじめレジャー施設やホテル等の運営を行うなど、幅広く事業を展開しています。日本の観光産業を元気にするため、世界のリゾートに引けを取らない、新しい日本のリゾートづくりにも力を入れて取り組むとともに、常にお客さまの視点で当社製品のモニタリングを行い、製品の改良・開発につなげています。

若手社員の成長を支える充実したフォロー体制

日本ケーブルでは、多岐にわたるビジネスフィールドにおいて、即戦力として活躍できる人材を育成するために、新入社員や若手社員の意欲とチャレンジ精神を大切にし、一人ひとりに責任ある仕事を任せることをモットーとしています。もちろん、フォロー体制も充分に整っています。新入社員には、年齢の近い先輩社員が指導員として付くので、公私にわたり、何でも気軽に相談することができます。こうして先輩や上司のフォローを受け、挑戦と失敗を繰り返しながら、一人前のケーブルマンに成長していきます。

また、新入社員の研修制度も充実しています。「新入社員研修」には、海辺に建つ自社の研修センターで、自然を肌で感じながら、チームワークとコミュニケーション力を高める、当社ならではの体験型プログラムがあります。また、モノづくりの原点を知り、現場環境に適応できる能力を身につける「工場実習」「立体駐車装置メンテナンス実習」、実際にお客さま対応を行いながら安全なリフト運行や快適なリゾートづくりを学ぶ「スキー場実習」などがあります。実際に自社の製品が用いられている現場で、見て触って経験することで、輸送設備メーカーの社員としての感性を磨いていただきます。

時代の移り変わりとともに、必要とされる知識やスキルは変化しますが、いつの時代においても軸に据えるべきは「自ら考え行動する」ことです。いかなる状況においても目標や目的を見失わず、そこへ向かうためにいま何をすべきかを常に考え、それを行動に移していく、そういう強い意志を持っている人が集う職場でありたいと考えています。

モノづくりに興味がある方、ウインタースポーツや乗り物が好きな方、レジャーを通じて社会に貢献したい方など、何か一つでも弊社の仕事に共感していただける方は、ぜひチャレンジしてください。