鋼索鉄道・傾斜地輸送設備

「傾斜地」にも広がる、索道のテクノロジー

ロープウェイやゴンドラ、チェアリフトなどのコアテクノロジーである「索道技術」は、空中だけでなく、観光地や遊園地、テーマパーク、ゴルフ場など、傾斜地の輸送にも広く生かされています。
日本ケーブルは、輸送力が高い大型客車サイズの「ケーブルカー(鋼索鉄道)」をはじめ、遊園地やテーマパークなど高低差のある場所の輸送手段として最適な「ミニケーブル(小型ケーブルカー)」、ダムや景 勝地などで活躍する「傾斜エレベータ」、乗用および荷物用の「特殊エレベータ」、観光スポットの「回転展望タワー」など、目的や設置条件にフレキシブルに対応できる豊富な製品を取りそろえています。

ケーブルカー

勾配の急な斜面に線路を設置し、ワイヤロープで車両を引き上げる方式の鉄道。急峻な地形に対応できるため高低差のある場所の輸送施設や山岳リゾートにおける旅客鉄道として活用されています。また地上を走るため風に対する影響を受けにくいのも特長のひとつです。

  • ケーブルカー
  • ケーブルカー

ミニケーブル

ワイヤロープで牽引する小型ケーブルカーで、遊園地やテーマパーク、丘陵地など高低差のある場所の輸送手段として最適です。

  • ミニケーブル
  • ミニケーブル

傾斜エレベータ

傾斜エレベータはダムや急勾配な斜面を上り下りする景勝地など、条件や目的に応じて、フレキシブルに対応することが可能です。

  • 傾斜エレベータ