ゴンドラ・3-Sロープウェイシステム

都市空間を最大限に生かす交通システム

都市部におけるゴンドラ、3-Sロープウェイシステムなどの索道輸送設備は、既存の鉄道やバスを補完する中・短距離交通システム、および公共交通機関として、慢性的な渋滞、排ガス、騒音のような交通問題や公害を解消するとともに、道路や河川上の空間を有効活用することでコスト面での採算性も高めることができます。また客車についても、ヒートアイランド現象などにより気候が不安定な都市部において、お客様を輸送するだけでなく、乗車中も快適にお過ごしいただけるようエアコン付きのタイプもあります。 なお、索道メーカーにより構成され、当社も加盟している業界団体「一般社団法人 日本索道工業会」では、ゴンドラを利用した都市部における交通システム『エアートラム(都市型ロープウェイ)』の提案、参画各社による共同での研究開発実績があります。

  • YOKOHAMA AIR CABIN(8人乗り自動循環式ゴンドラ)YOKOHAMA AIR CABIN(8人乗り自動循環式ゴンドラ)
  • YOKOHAMA AIR CABIN(8人乗り自動循環式ゴンドラ)
  • 3-Sロープウェイシステム(イメージ)3-Sロープウェイシステム(イメージ)
  • 3-Sロープウェイシステム(イメージ)