沿革

創意と工夫で、時代を切り拓いてきた日本ケーブル

1953年(昭和28年)
  • 中央区日本橋にて日本ケーブル株式会社創業。
  • 静岡県井川をはじめ、ダム工事用貨物索道の建設に着手。
  • 江戸川区宇喜田町に工場を設置。
1954年(昭和29年)
  • 中央区西八丁堀に本社を移転。
  • 可搬式貨物索道(S.P.ケーブル)を開発。
  • 複線自動循環式チェアリフトを新潟県岩原スキー場に建設し、旅客輸送の研究を開始。
1956年(昭和31年)
  • 世界最初の3線自動循環式ロープウェイを山形県蔵王に建設。
1959年(昭和34年)
  • 機能集中のため本社を工場所在地(江戸川区宇喜田町)に移転。
  • 自動循環式ロープウェイで世界最大の13人乗りを三重県御在所に建設。
1960年(昭和35年)
  • 総延長4,035メートルの自動循環式ロープウェイが神奈川県箱根に全線開通。
1962年(昭和37年)
  • 世界初の101人乗り5線交走式ロープウェイを大分県別府に完成。
  • 垂直循環式立体駐車装置(オートタワー)を開発。
1966年(昭和41年)
  • 国内最大の40メートル級大型観覧車を山梨県富士急ハイランドに建設。
  • エレベータ部門に進出。
  • エレベータ・スライド方式の立体駐車装置(NCEパーク)を開発。
1967年(昭和42年)
  • 玉村式索道建設株式会社を吸収。
1968年(昭和43年)
  • ゴルフ場用の小型ケーブルカーの生産を開始。
1969年(昭和44年)
  • 100メートル級の回転昇降展望塔(パノラマタワー)を新潟県弥彦に建設。
1971年(昭和46年)
  • 固定循環式2人乗りチェアリフト(ペアリフト)を長野県志賀高原に建設。
1973年(昭和48年)
  • 国産初の単線自動循環式ゴンドラを北海道横津岳に建設。
1974年(昭和49年)
  • 滑走式リフト(シュレップリフト)を開発し、岩手県山口に建設。
  • 日本エレベーター株式会社を吸収合併。
1977年(昭和52年)
  • オーストリアの有力メーカー、ドッペルマイヤー社と業務提携。
  • 固定循環式3人乗りチェアリフト(トリプルチェアリフト)を開発し、新潟県石打丸山に試験設置。
1978年(昭和53年)
  • 国内初の本格的な2人乗りシュレップリフト(Tバーリフト)を山形県蔵王に建設。
1980年(昭和55年)
  • 2線併行式のペアリフト(ペアパラレルリフト)を岩手県雫石ほかに建設。
1981年(昭和56年)
  • 本社工場を千葉県習志野市茜浜に移転し、製品品質の高度化、生産能力の増強を図る。
1983年(昭和58年)
  • 国内初の自動循環式3人乗りチェアリフト(デタッチャブルトリプル)を長野県志賀高原に建設。
1984年(昭和59年)
  • 世界初の運転速度5.0m/秒、輸送力1,800人/時の6人乗りゴンドラを札幌に建設。
  • 自動循環式4人乗りチェアリフト(デタッチャブルクワッド)を開発し、新潟県赤倉に建設。
1985年(昭和60年)
  • 世界初の8人乗りゴンドラを"科学万博・つくば'85"に建設、営業参加。
1986年(昭和61年)
  • 中国、万里長城に6人乗りゴンドラを建設。
1987年(昭和62年)
  • 国内初の運転速度5.0m/秒、輸送力2,400人/時のスキー用8人乗りゴンドラを岩手県安比高原に建設。
1988年(昭和63年)
  • 香川県雲辺寺の101人乗り交走式ロープウェイで国内最高速度の10.0m/秒運転を開始。
  • 国内初のフード付き自動循環式4 人乗りチェアリフト(フード付きデタッチャブルクワッド)を岩手県安比高原、山形県蔵王など11 スキー場に建設。
1990年(平成2年)
  • オーストリアのパークガラーゲンテクニーク社に設立出資、垂直循環式立体駐車装置(オートタワー)の欧州1号機をウィーンに完成。
1991年(平成3年)
  • 世界最大の166人乗り交走式ロープウェイを新潟県湯沢高原、長野県北志賀高原竜王に同時に建設。
1993年(平成5年)
  • 屋内人工降雪スキー場用に自動循環式4人乗りチェアリフト(デタッチャブルクワッド)を開発し、千葉県船橋に建設。
1994年(平成6年)
  • 国内初のパルスゴンドラを"世界リゾート博"に建設、営業参加。
  • 国内初の固定循環式4人乗りチェアリフトを開発し、長野県白馬五竜スキー場に建設。
1995年(平成7年)
  • ゴンドラ用制振装置を開発し、世界で初めて北海道キロロスキーワールドゴンドラに採用。
1996年(平成8年)
  • 国内初のローディングカーペット乗車システム(乗車補助装置)装備の固定循環式4人乗りチェアリフトをアサマ2000パークスキー場に建設。
1997年(平成9年)
  • 本社を千代田区神田錦町に移転し、機能の強化と充実を図る。
  • 国内初の自動循環式6人乗りチェアリフトを開発し、広島県芸北国際スキー場に建設。
1999年(平成11年)
  • 国内初の複式単線交走式ロープウェイ(交走式フニテル)を開発し、徳島県箸蔵山に建設。
2001年(平成13年)
  • 北九州市帆柱に112人乗りケーブルカー(鋼索鉄道)を建設。
  • 8人乗りゴンドラを福島県"うつくしま未来博"に建設、営業参加。
  • 国内初のエアコン付きパルスゴンドラを山口県"山口きらら博"に建設、営業参加。
  • 世界最長の全長5,482m"苗場-田代ゴンドラ"を新潟県湯沢町に建設。
2002年(平成14年)
  • 国内初の複式単線自動循環式ゴンドラ(自動循環式フニテル)を開発し、神奈川県箱根に建設。
  • 世界初の制振装置付き交走式ロープウェイを開発し、栃木県那須に建設。
2005年(平成17年)
  • 8人乗りゴンドラ2基を2005年日本国際博覧会"愛・地球博"に建設し、同協会より運営を受託。
2008年(平成20年)
  • 世界初の全線運転速度12.0m/秒、121人乗り交走式ロープウェイを開発し、滋賀県びわ湖バレイに建設。
2010年(平成22年)
  • 立体駐車装置の海外での販売や関連部品の輸出入などを目的に、中国企業との合弁会社 杭州日本ケーブルフィーラー社(杭州友嘉凯普路机械有限公司)を中国浙江省に設立。
2011年(平成23年)
  • 複式単線方式の傾斜地輸送設備(ミニケーブル)を開発し、札幌市に建設。